スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 新体力テストで、50m8秒2??? | main | サラリーマン川柳 >>

群馬県中央中等教育学校の入試問題(適性検査機鵬鮴

JUGEMテーマ:お受験
JUGEMテーマ:中学受験
 

群馬県中央中等教育学校の入試問題(適性検査機鵬鮴

 

先ずは、1年前の平成23年度問題から。

「問題1」

総合的な学習の一シーンを想定しています。

「食をテーマにして、調べ学習をします」

 

新学習指導要領がPISA型に変わる中、「調べ学習」=「活用」「探究」の作業がどれだけできるかが問われています。

 

(1)「今と昔の朝食の変化を確かめるには、どのような人にどのようなことを尋ねたらよいか」を聞いています。

 

真剣に課題に取り組んでいない子供には解けないものでしょう。

特に、学校の課題解決学習だけでは、間に合わないこともあると思いますので、

お家での補修として「地図=社会科自由研究」等をしてみるとよいでしょう。

 

(2)資料1 1人が1日に食べる量(主な食品についての全国平均)

これを見て、

表2 食べる量が増えてきた食品の中で変化の多い食品

という2つの資料を活用する問題です。

比例関係を使う、算数問題でもあります。

 

まずは、2種類の考えを理解する必要があります。

量的差と比率的差で判断する2種類の考えをしっかりと「習得」し「活用」できているか、です。

 

(3)これまでわかったことをまとめて、作文します。

 

必ず、指定された語を使用して作文しないといけません。

これにも訓練が必要です。

 

(4)さらに調べるとすればあなたならどんなことを調べたいか、100字以内で書きましょう。

 

自分の意見を持っていないと書けませんね。

いつも生活の中で問題を発見する訓練をしておきましょう。

 

問題2以降はまた後で…

 

| 教育 | 09:04 | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 09:04 | - | - | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--