スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

急激に難しくなる新学期 新学習指導要領対策

 

急激に難しくなる新学期

 

多分、先年(2011年)度、小学校で、

 

そして、中学校では今年度、新学習指導要領が完全実施されますが、

 

それに伴い、グングンと授業が難しくなります。

 

先ずは、情業内容の量の増加。

 

/3も増えたにもかかわらず、授業時数はそんなに変わりません。

 

それだけ、「授業での学習密度が高まり」それにつれて、

 

ついていけない(落ちこぼれ)と、

 

それに対する「授業レベルの低下」で生じる、

 

もうそんなこと知っている組(ふきあがり)が問題となるでしょう。

 

 

それを避けるためには、もっと学習到達度に分けた少人数クラスを増やす必要がありますが、

 

思想的に反対する一部教員の存在と、

 

実際問題、国が教師の給料の半分を負担している制度を、

 

/3にする目論見が進行しています。

 

このような中で、教師を増やすことは難しいです。

 

ですので、教育改革を成功させる道はただ一つ、

 

地域のシルバー人材を活用することです。

 

 

退職した教員の中でまだやれる人材を、パート賃金で雇い、

 

郷土のために働いてもらうことです。

 

 

これしか、今後の新指導要領に対する方法はないと思います。

個人で対策できることは、塾から家庭教育へと、重点をシフトしていくことです。

 

| 教育全般 | 08:51 | comments(0) | - | - | - |

授業で教えない絵画の技術

JUGEMテーマ:学力
 

授業で教えない絵画の技術

 

皆さんもご存じのとおり、学校では、最低限の事しか教えません。

 

水泳も、クロールと平泳ぎというのが定番でした。

 

しかし、今はそれすら満足に教える時間が無くなりました。

 

1週間に3時間あった体育の授業枠が2時間程度に削減されたので、

 

夏に10回程度入れたプールも3〜5回程度です。

 

これでは、泳げない子も多くなりますよね?

 

 

それと同じで、図工の絵画なども、

 

絵の基本さえ教えません。

 

デッサン。

 

パレットの使い方。

 

筆の使い方。

 

タッチの出し方。

 

混色。

 

重ね塗り。

 

 

まあ、時間がないのですから、仕方ありません。

 

ですから、スイミングスクール、絵画教室へ通わせる家庭が増えるわけです。

 

でも、それって、お金がかかる事ばかりですね?

 

時間も取られます。

 

それでいて、塾に行っている間、お母さんはママ友と無駄にしゃべっている。

 

その時間を何か有意義に使うなら、大変よろしいのですが、

 

どうせなら、絵画・水泳を一緒に憶えたら(教えたら)いかがかと思うのです。

 

 

そのために、今、「教え方の教材」を作っています。

 

「お父さんお母さんが子供を教えるための教材」です。

 

今まであまりなかったのです。

 

なぜなら、教材会社は自分を否定することになるからです。

 

「自分たちがいなくてもできますよ」と。

 

学校は、「民間の活動を妨害してはいけない」という制限があります。

 

だから、簡単には動けないのですね。

 

 

そこで、私が今までの体験から、「家庭学習の仕方・させ方」を販売するわけです。

 

学校や塾では教えてくれないものを、安く供給していこうと思います。

 http://www.happyhensa.net/

| 教育全般 | 10:30 | comments(0) | - | - | - |

60日でできる作文指導

JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:学力
 

サイトが出来上がりました。

 

ようやく、80%セントですがサイトが完成して、

 

レポートも売り出される運びとなりました。

 

「オールAの取らせ方」という、ちょっと過激なタイトルですが、

 

早い話が、「相手の視点に立って行動すること」で、

 

成績も向上するし、社会的能力も向上しますよ、というものです。

 

 

今、その考えを元にして、

 

「60日でできる作文指導」というものを作っています。

 

これまた、内容は濃いものです。

 

後でセールスページに書きますが、

 

12月のころの娘の作文力はお話にならないもので、

 

それが3月の今現在、相当ハイレベルになっています。

 

60日でそこまで変えられる方法を具体的に、

 

動画やPDFでお伝えします。

 

 

ただ、「オールA」を買った人のみの販売となります。

 

そうでないと、話が見えないでしょうから・・・

 

 

もしよろしかったら、「困ったチャンリアルタイム診断」だけでも、

 

ご利用することをお勧めいたします。

 

http://www.happyhensa.net/

 

 

| 教育全般 | 09:11 | comments(0) | - | - | - |

中学受験は家庭教育で!

JUGEMテーマ:中学受験
 

中学受験は家庭教育で!

 

いやはや、中学受験のサイトを作っていますが、

メインサイトはこちら

http://www.happyhensa.net/

 

その過程で、私立中学と受験産業がどれだけ稼いでいるか、実感としてわかりました。

 

ご存知ですか?

 

中学受験で受験までに必要とされる通塾費の平均「約230万円也」。

 

私立中学の初年度経費、60万円〜150万円也。

 

そこに中学以降の学習塾受講料を入れると・・・

 

下手すると、家が建ちますね(_;)

 

 

ついでに、私立の医学部や薬科大学は、卒業までに2000〜4000万円かかります。

 

 

そこまでして、何になりたいか?

 

官僚?

医者?

大学教授?

起業家?

 

最後のは無理ですよ。学歴ではないから。

 

そんなことにお金を使うより、私の「オールAの取らせ方」2980円を買って、

 

家庭学習に力を入れたほうが、何ぼ効果的で安上がりか!!

 

はっきり言って、新学習指導要領には学習塾はあんまり対応できませんよ。

 

家庭学習に時間をかけて、お仕事の方の収入を減らしたほうが、

 

こどものためだと思いますね。

| 教育全般 | 08:51 | comments(0) | - | - | - |

マインドコントロールを使用しよう

JUGEMテーマ:オセロ
JUGEMテーマ:家庭学習
JUGEMテーマ:こどものお勉強 ”/(._. )カキカキ”
 

マインドコントロール

 

今、芸能界でマインドコントロールが話題になっていますが、

 

これは深層心理への「刷り込み」を利用したコントロールですね。

 

「怖い」と同時に、「すごい力がある」のです。

 

 

「物事の習慣化」は全部、刷り込みです。

 

何かが「当たり前」であるということ。

 

それが基本です。

 

これを「生活習慣」や「学習・探究」に持ち込むことで、

 

「歯を磨かないのが、気持ち悪い」

 

「勉強しないのが、居心地が悪い」

 

という、状態まで持っていけば、長期間自分をマインドコントロールできます。

 

洗脳というと、恐ろしい気がしますが、実は身近にその例はあるのです。

 

より良い方法に使えばそれでよし。

 

知らないと、損をしますよ。

 

| 教育全般 | 07:38 | comments(0) | - | - | - |

DASH村と日能研のプリント

JUGEMテーマ:中学受験
 

DASH村と日能研のプリント

 

このところ、私立中学受験の記事をサイト用にたくさん書いているのですが、

 

私立中学を受験するまでにかかる費用は、普通進学塾に通わせる場合、

 

200万円は下りません。

 

 

でも、私が提唱している「家庭学習の充実」ならば、

 

たとえば日能研の「知の翼」だとしたら、年間6万円程度で、

 

相当な勉強ができます。

 

 

昨夜も、めったに見ないのですが、TVのDASH村(原発問題で海の村?)を見ました。

 

ちょうど、日能研の社会科も「日本海流」について学習したので、

 

その話の「総合学習」ができました。

 

そこから探究学習が始まると、新しい学習指導要領が求めている、

 

「生きる力」が生まれてきます。

 

 

これは決して進学塾では身に付かないものですね。

 

また、一番問題なのは、「問題を出されることに慣れてしまうこと」です。

 

塾の弊害は、これです。

 

一方、ビジネスシーンでは「問題を見つけ、それを解決していくこと」が求められています。

 

だから、いくら学歴が高くても「使えない」ビジネスマンが増えていくのです。

 

 

| 教育全般 | 07:24 | comments(0) | - | - | - |

憲法で保障された教育を受ける権利

JUGEMテーマ:資格
JUGEMテーマ:学問・学校
 

起業家の教育と職人の教育

 

たとえば瓦職人に必要な教育と、起業家が必要とする教育は全く違うことは、

 

お分かりでしょう?

 

それを「すべて平等」というお題目で、「一緒に学習させてきた」のが、

 

日本の衰退を招きました。

 

 

逆にドイツやイギリスなどは、「8〜12歳で人生の選択をさせるには、早すぎる」として、

 

問題視され、グラマースクール(中流階級)に通うか、

 

ミッションスクール(上流階級)に通うかの選別を、あいまいにしました。

 

 

一番良いと思われる選択は、現在、複線化というもので、

 

飛び級もあり、途中から進路を変更できる自由自在な学校制度です。

 

 

今の、日本と全く逆ですね。

 

でも、明治時代はそうでした。

 

だから、日本は活気に溢れ、希望を持てたのです。

 

 

自分のやりたいことが見つかったら、そこから「自分に必要な教育」を受ける権利こそ、

 

憲法で保障された教育を受ける権利なのではないでしょうか?

| 教育全般 | 09:32 | comments(0) | - | - | - |

ひな祭りと子供にかける費用

JUGEMテーマ:雛祭り
JUGEMテーマ:家庭学習
JUGEMテーマ:小学生ライフ(・ω・*)ノ
 

ひな祭りと子供にかける費用

 

少子高齢化と長引く不況で、ひな祭りに掛ける費用が減ったのか?

 

データはないのですが、どうも「減っていない」気がするのです。

 

それは、「子供に掛ける費用」が1人に対して、多くなっているからです。

 

 

公立学校に通っているお子さんの最低限必要な給食費は4〜5000円です。

 

それに、最大限1週間毎日習い事を入れれば、その内容にもよりますが、

 

平均して6万円。これに学童などが入れば、さらに1.5〜2万円。

 

ですから、5000〜8万円程度は使用している事となります。

 

 

ひな祭りも、豪華になるか?そのために縮小されるか?

 

私にはわかりません。

 

でも、言えることは、「習い事」に消費する金額を増やすご家庭が増えていることです。

 

 

これは良いことでしょうか?

 

お父さん、お母さんが、自分でできない事は、習い事でもよいでしょう。

 

しかし、小学校中学校の勉強や、体験学習くらいは、

 

一緒になって教えることはできると思います。

 

その時間を作るきっかけに、ひな祭りなどの行事を使ってもらいたいものです。

 

 

| 教育全般 | 08:54 | comments(0) | - | - | - |

中学受験の二極化

JUGEMテーマ:家庭学習
JUGEMテーマ:中学受験
 

中学受験

 

公立中学校の悪口を言うつもりはありませんが、

(現職の時にメルマガで言ったら、訓告処分になりました(^_-)

 

現在の学習指導要領を完全実施するだけの教職員がいるとは、

 

到底思えません。

 

 

ここでも二極化が進んでおり、生徒だけではなく、

 

先生の二極化が進んでいます。

 

50歳以上の先生は、公立学校に残り、

 

私立中学校や、中高一貫校には、若いやる気のある先生が、

 

志願して赴任していきます。

 

 

よって、学力差・教育環境の差はますます広がっていきます。

 

ですから、親御さんにとっては「中学受験」を考える傾向が、

 

益々、高くなっていくと思います。

 

 

私立中学や中高一貫校へ入るにも、家庭学習や塾での学習が必要ですし、

 

体験学習、多くの社会体験がなければ、解けない問題が受験問題に出されています。

 

 

それらをお子さんに提供することができる、そんな家庭にならないと、

 

二極化の下層の方へ押しやられてしまいます。

 

お金の問題ではないのです。

 

時間を作る事、これが大事です。

 

家庭学習をきちんとさせることが、一番重要です。

 

 

 

| 教育全般 | 12:17 | comments(0) | - | - | - |

保護されすぎている農家と問題解決学習

JUGEMテーマ:家庭学習
JUGEMテーマ:学力
JUGEMテーマ:教育
 

保護されすぎている農家と問題解決学習

 

今度の金曜日、娘が

 

「お父さん。お父さんが社会科好きだから、今度の学習発表会、社会科にしたね」

 

 

うれしいことですが、もっと早く言わんかい!

 

発表内容を聞いてみると、案の定、先生の無知がさらけ出されています。

(国立大の附属の先生で先生ですらこれですから)

 

3年生での「商店(スーパーマーケット)での工夫を見つける」単元は、

 

最低限「工夫を見つけて発表する」わけですが、そこまでで技能の活用がなされていません。

 

私は、現役の時は、「その工夫は誰のため?」という思考まで持っていき、

 

「そこに問題はないの?」という、『問題解決学習』までやっていました。

 

 

今の新指導要領ではこれが求められています。

 

先のブログの記事、「農業政策の問題点」や、

 

農協組織の問題点、地域直産のメリットデメリットまで3年生ならわかるはず。

 

現に、昨夜、家族で規格外品のほうれん草を突っつきながら、学習しました。

 

このように家庭で活用や探究学習をするしかないのが、現状です。

 

自分の子供には、家庭で問題解決学習をしましょう。

| 教育全般 | 08:19 | comments(0) | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--